グローバル固定IP付きのMVNO LTE 格安SIMカード 1年使用レビュー

24時間制限解除!1日中ネット動画観ていてもOK!

最終更新日:2017年5月10日

ブロガーノマドワーカーなら必須の固定IPアドレス。
私もフリーで仕事をしていますが、案件によってはグローバル固定IPアドレスが必要になります。

ブロガーでもWordPressやMovableTypeを使用しているなら、管理画面や関連ディレクトリへのアクセスをIP制限するとセキュリティ上安心です。
私ももちろんやっています。

私が実際に1年以上使用しているSIMが、固定IP付きデータ通信専用SIM「インターリンクLTE」

Aterm等のモバイルルーターでもSIMフリーのiPhoneでも使ってます。
SIMがすでに固定IPなので、なにもしなくて構いません。
ネットに繋がれば、勝手に固定IPになっています。

Wimax等のなんちゃって固定IPと違って、完全固定です。
契約が続いている間は、ずっと同じIPアドレスです。

NTTドコモの回線を使っているので、NTTドコモの電波が届くところならどこでも固定IPです。

インターリンクLTEの料金

一番安いのは「128kbpsで使い放題プラン」の1,080円ですが、128kbpsではあんまり実用的ではないです。
1GBまで高速プラン」なら1,458円ですが、制限を越えたり、手動で「低速モード」にしたときには200kbpsになります。
「128kbpsで使い放題プラン」を使うくらいなら、こっちのほうがいいと思います。

一番容量が多いのは「10GBまで高速プラン」で3,132円(※直近3日あたり1.5GB超で通信速度制限あり)。
私の契約プランもこちらです。

ちなみに、初期費用は3,240円。
プラン変更は1,620円。

正直あまり安くはないですが、固定IPの分を考えると相場くらいです。
他社で固定IPオプションをつけると、月額800円〜(ASAHIネット)しますので。

インターリンクLTEの24時間制限解除

インターリンクLTEでなによりも凄いのは、「24時間速度制限解除クーポン」!

24時間540円で、通信料の制限がなくなります!
私もたまに使っています。

  • ・普段は自宅で作業しているけど、1日だけ終日外で仕事する必要がでたとき。
  • ・固定回線を契約していないけど、1日中ネット動画をみたい。
  • ・3日制限が掛かってしまったけど、どうしても今日は高速で使いたい。

こんな時に使えます。
何度も使っていますが、24時間で何十GB通信しようが問題ないです。
なにかペナルティーが来たり警告が来たりしたことはありませんでした。

10GBプランでこの24時間制限解除をうまく組み合わせれば、月間かなりの量を通信する人でもインターリンクLTEひとつで大丈夫です。
高速データ通信も簡単にオンオフできます。
オフの間は200kbpsになりますが、通信容量がカウントされません。

インターリンクLTE まとめ

契約するなら、nanoSIMカードで契約しましょう。
スマホは大体このサイズです。

モバイルルーターはmicroSIMカードが多いですが、nanoSIMカードにアダプターをつければ問題なく使えます。
私が使っているのはこのアダプターです。

SIMカードのサイズ変更には3,240円もかかってしまうので、一番小さいのを契約してアダプターを使用するのが一番いいです。


モバイル環境で固定IPが必要なら、SIMカードとしてはこれ1択といってもいいです。
スマホアプリ等は今のところありません。
マイページで各日の通信料がみえますが、低速回線や制限中の通信料も合算で表示されるので、高速使用中(制限対象となる)の通信料がわかりません。
マイページやアプリが無いなどの使い勝手はいまいちですが、固定IPが使えるSIMカードならインターリンクLTEで決まりです。

もうひとつの選択肢としては、VPNを使うことです。
同じインターリンクさんに、固定IPが使えるVPNサービスがあります。
インターリンク マイIP

こちらも契約しているので、別途記事を書きますね。
モバイルでも固定IPのマイIP。VPNはなぜ安全なのか仕組みを簡単に解説します。

コメント(0)

コメント投稿画面を開く
CLOSE ×